ウーマン

保育士を目指して学校に挑戦する|資格GETまでの近道はココです

試験を受ける

文房具

衛生管理者は、50人以上が働く企業に必ずおり、様々な職種から必要とされる人材です。日本では労働安全衛生法といった法律が定められており、職種問わず必ず選任するように義務付けられており、この管理者が不在となると、法律違反になり罰せられてしまいます。違反した場合には、50万円以下の罰金が課せられることもあるでしょう。そういったことにならないように、衛生管理者の資格取得試験を取っておいた方が良いでしょう。受験する際には条件が定められており、大学や短大、専門学校を卒業している方であれば実務経験が1年以上になります。また、高校卒業であれば3年以上の実務経験がないと受けることができません。学歴がないという方は、10年以上勤務している条件が定められているので注意しましょう。これらにクリアしていれば、衛生管理者の試験を受けることができます。

衛生管理者の資格を取りたいけど、どうやって勉強をしたら良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。そういった際は、センターなどでは衛生管理者試験対策の講座を行っているので、積極的に参加してみましょう。この講座に参加することで、衛生管理者の授業を受けることができます。勉強をすることで試験に合格する確率が上げることが可能です。実際に講座を設けているセンターの中には、毎年80%以上の合格者を出しているところもあります。時間としては、講座を行っているところによりますが朝から夕方までとなっているので参加する前に調べておくと良いでしょう。基礎から応用編まで学ぶことができますし、短時間で知識を身につけられます。参加する費用としては約2万円と少し高めではありますが、本格的にしっかり勉強ができるでしょう。